2019年「即位の礼の記念硬貨」発売時期と購入方法は?どこ(場所)で買えるのか調査!

どうも、のりです♪

皆さん色々趣味をお持ちですよね?
私の趣味は、ゴルフボールの収集です。

色々な種類のボールが集まってくると嬉しくなります!

そんなどうでも良い趣味とは打って変わって、
記念硬貨を集める趣味の方に朗報です♪

なんと、2019年に新天皇即位の礼を記念して、記念硬貨が発行されるそうです!

欲しいっ!なんとしてでも欲しいっ!
転売屋に買い占められたくない!

そう思ったあなたの為に

  • 2019年「即位の礼の記念硬貨」発売時期はいつ?
  • 記念硬貨はどこで買えるのか?購入方法や販売場所について!
  • 天皇在位30年記念硬貨の購入方法!

これについて調べてみたので、是非、本当に欲しい人が買いましょう!

そもそも即位の礼とは何?

皇位を継承したことを内外に示す為の儀式のことです。

簡単に言ってしまうと、

天皇から皇太子に世代交代をしたことを祝う儀式みたいな感じです。

日本の象徴の天皇が変わる一大行事なので、記念硬貨を発売して記憶に残るように記念硬貨を発行しているのでしょう♪

即位の礼(そくいのれい)または即位礼(そくいれい)は、日本の天皇が践祚(せんそ)後、皇位を継承したことを国の内外に示す(即位)一連の国事行為たる儀式で、最高の皇室儀礼。中心儀式の即位礼正殿の儀は、諸外国における戴冠式、即位式にあたる。

即位の礼後に、五穀豊穣を感謝し、その継続を祈る一代一度の大嘗祭が行われ、即位の礼・大嘗祭と一連の儀式を合わせ御大礼(ごたいれい)または御大典(ごたいてん)とも称される。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/即位の礼

記念硬貨の種類は?また、過去に販売されているものは?

即位の礼の記念硬貨の種類は

1万円金貨

500円ニッケル黄銅貨

の2種類が予定されています。

デザインについては、文化人や実業家らによる有識者会議で議論して決定するようです。

 

金の価格が値上がりしているので、自分も1万円金貨を購入したいと思っています。

いつか、お金が無くなったら売れるし、

金貨持っている!」なんてちょっとカッコいいですよね♪

過去に販売された記念硬貨

 1990年11月に行われた現在の陛下の即位の礼では、10万円金貨200万枚と500円白銅貨3000万枚の2種類を発行した。金貨は表に鳳凰(ほうおう)と瑞雲(ずいうん)、裏に菊の紋章と桐(きり)、唐草が描かれ、白銅貨の図柄は皇室パレードで使われる特別御料儀装車が施された。高額面の金貨を巡っては、86、87両年に発行した昭和天皇在位60年記念10万円金貨で偽造事件が起きたこともあり、現在は1万円以下に価格を抑えた発行が主流となっている。

 政府はこれまでも皇室行事に合わせて記念硬貨を発行しており、現在の陛下の在位10年と20年でも製造した。19年1月の在位30年でも検討する。4月30日の退位に合わせた発行も視野に入れる。

 在位20年の記念硬貨デザインは日本画家の平山郁夫氏が監修した。皇太子さまの即位をはじめとする今後の記念硬貨でも国内の画家らのデザインが採用される可能性が高い。

 政府はすでに東京五輪の記念硬貨を18年11月から開幕直前の20年7月ごろまで4回に分けて発行することを決定。

18年10月の明治150年の記念硬貨発行の検討も表明している。初の日本開催となる19年9月開幕のラグビー・ワールドカップ(W杯)の記念硬貨も検討している。

18年秋から20年にかけては記念硬貨の発行が続くことになりそうだ。

引用:https://mainichi.jp/articles/20180104/k00/00m/040/124000c

【平山 郁夫(ひらやま いくお)】
1930年6月15日 – 2009年12月2日[1])は日本画家、教育者。日本美術院理事長、一ツ橋綜合財団理事、第6代・第8代東京藝術大学学長を務めた。文化勲章受章者。称号は広島県名誉県民、広島市名誉市民、鎌倉市名誉市民。子に古代生物学者の平山廉(早稲田大学教授)。妻は平山美知子(公益財団法人 平山郁夫シルクロード美術館館長)。

 

また財務省に過去販売された記念硬貨の一覧があったので、
こちら↓↓をご覧ください!

財務省の記念硬貨一覧

即位の礼記念硬貨はいつから販売になるの?

2019年1月の天皇陛下の在位30年と、新天皇が即位を宣言する同10月22日の「即位礼正殿の儀」に合わせて、記念硬貨の発行を検討すると発表されました。

過去の記念硬貨の販売時期はおよそ翌年に販売されているので、
今回も「2020年」に販売開始になると思われます!

即位の礼の記念硬貨はどこで買えるの?

500円ニッケル黄銅貨と1万円金貨では、販売場所が違います。

500円ニッケル黄銅貨は、取扱金融機関(銀行のことですね)通常価値と同じ金額で販売するのが一般的です。

しかし、1万円金貨は、「プレミアム貨幣」という位置付けになっており、

こちらは「造幣局」で購入する事になると思います。

※在位30年記念硬貨は造幣局オンラインで予約受付しているので、即位の礼記念硬貨も同様の販売方法かもしれませんね!

 

造幣局ってどこにあるの?

自分が調べたところ、3か所が見つかりました。ここで買えると予想します!

(ネットで注文すればいいので場所は関係ないか😅)

  • 大阪本局・・・造幣博物館 〒530-0043大阪府大阪市北区天満1-1-79
  • さいたま支局・・・造幣さいたま博物館 〒330-0835埼玉県さいたま市大宮区北袋町1-190-22
  • 広島支局・・・造幣展示室 〒731-5128広島県広島市佐伯区五日市中央6-3-1
のり

本当にここでしか購入できない場合、
うちから一番近いのは埼玉か・・・。

みく

マジで買う気満々かよ…。ネットで注文できると思うぞ…。

のり

本気です!
昭和天皇と同じ時代に生きたからには記念硬貨が欲しい!

みく

なるほど、まともな意見だったのでびっくりしたが、買えるといいな♪

 

天皇在位30年記念硬貨の発売日や価値について

天皇陛下の在位30年記念硬貨の申し込みについて発表がありました!

受付:11月1~21日(消印有効)
発行:2019年2月中旬の予定

1万円金貨の単体セット(税込13万8000円、2万個販売)と、

1万円金貨と500円銅貨の2点セット(同14万円、3万個販売)の2種類で販売される。

いずれも特製ケース付き。

なお、2018年11月現在では金の相場は1g当たり4,800円程度です。純金22gで96,000円程度の価値があります。

 

注文方法

上記二つの方法で申込可能。

問い合わせは、造幣局ハローダイヤル(050・5548・8686)まで。

購入者が多い場合は抽選で決めるそうですよ😅

過去の記念硬貨をヤフーオークションで調べてた!

私が欲しがっているのは、転売目的じゃありませんよ?

でも、その目的の転売屋がいるので、そいつらに買い占められたくない。

だから、本当に欲しい私達で購入しましょうよ!

とりあえず、中古相場を見た内容をお伝えします。

昭和62年 天皇陛下即位60周年記念  10万円金貨 純金30グラム
平成2年 天皇陛下御即位記念 10万円金貨 純金20グラム
平成11年 天皇陛下即位10周年記念 1万円金貨 純金20グラム
平成21年 天皇陛下即位20周年記念 1万円金貨  純金20グラム

現在の金相場1g4,800円で換算すると

20g×4,800円=96,000円が

入札途中で140,000円を超えていましたよ!

元々は10万円だったのに、約1.5倍以上の金額になってますよ!

すごいですね!!

もしかしたら、あなたが持ってる記念硬貨も、すごい価値があるかも!?

一度無料査定に出して価値を知っておくのもいいですよね♪

まとめ

まだ、具体的な情報は入っていませんが、記念硬貨コレクターじゃないけど、1万円硬貨は絶対買いたいので、

新しい情報が入ったら随時更新します!

もし、情報をお持ちの方がいれば、コメントをお願いします!

最後まで見てくれてありがとうございます。

みんなで記念硬貨を買えるといいですね♪