韓国の仮想通貨取引所コインレイルのハッキング被害額とは?補償や市場の損失についても

どうも、のりです!

またまた仮想通貨のハッキング事件が

発生しましたね( ; ゚Д゚)

仮想通貨って盗むには最適なんだろうなぁ~
管理が大変過ぎませんか?

でも今回は韓国取引所なので、日本人の被害は少ない?
気になること

  • 韓国の仮想通貨取引所コインレイルのハッキング被害額とは?
  • コインレイルは顧客の損害補償をどうするのか?
  • ハッキング事件における仮想通貨市場の損失についても

この点について調べてみたいと思います!

韓国の仮想通貨取引所コインレイルのハッキング被害額とは?

香港(CNNMoney) 韓国の仮想通貨交換業者コインレイルは11日、ハッキング攻撃によって仮想通貨の約30%を盗まれる被害に遭ったと発表した。

引用:CNN.co.jp

コインレイルは、韓国の仮想通貨取引所の中で7番目に取引高が大きいとの事です。

その韓国の仮想通貨交換業者コインレイルで
ハッキングされた仮想通貨は、

    • PundiX
    • Aston
    • NPER

上記を含む仮想通貨がハッカー被害にあったようです!

被害規模は明らかにされていませんでしたが、
地元新聞に書かれていた記事によると、
コインレイルで取引されている規模の3分の1にあたる

 3700万ドル相当(日本円で約40億円)

の被害にあったと報道されていたようです。

 

現在、コインレイルは仮想通貨の取引を

一時的に中止し、捜査に全面的に協力し、

盗まれた仮想通貨の追跡に当たると発表しました。

 

コインレイルは損失補償をどうするのか?

過去に仮想通貨のハッキング被害で、損失を補償されたのは

コインチェックだけです!

日本国内の仮想通貨取引所においても、

ビットフライヤーは、日本円の出金の時にのみ500万円補償。

コインチェックは100万円まで補償。

ZaifやGMOコイン、bitbankも盗難補償はありませんでした。

 

申し訳ないのですが、海外で損害の補償を行うとは到底思えません。

日本よりも自己責任で取引をする意識が強いからです。

しかも、韓国の仮想通貨取引所の取引高が7番目で知名度も低いなら

尚更、 補償される確率はほぼ0に近いと考えておいたほうが良いでしょう。

 

さて、コインレイルのハッキング事件の影響で、
世界の仮想通貨市場がどうなったかというと・・・

ハッキング事件における市場の損失は?

コインレイルの発表を受け、ビットコインの価格は7%以上下落。イーサリアムなどの価格も急落し、仮想通貨情報サイトの集計によると、約7時間で仮想通貨の価値は300億ドル(約3兆円)近く下落した。

引用:CNN.co.jp

ビットコインはアジアで11日には、6750ドル前後で取引されていました。

これはほぼ2カ月ぶりの安値で、年初に比べると半分ほどの価格です。

でも、個人的には仮想通貨の下落なんて、10%以上の時も頻繁にあったので、
騒ぎになったのこれ?って感じでしのりどね(^_^;)

 

過去2018年1月にも日本の仮想通貨取引所コインチェックで、

5億3000万ドル(470億円)相当の仮想通貨が流出する事件が発生しました。

 

その時には、ネムを含むメインの仮想通貨が大暴落でしたねぇ~

ネム88円から、40円以下まで下がってましたから、下落率50%以上ですよ。

その時に比べたら、仮想通貨市場に影響を与えたとは言えませんね(^_^;)

まとめ

  • コインレイルのハッキング被害額は3700万ドル(日本円にして約40億円)
  • コンイレイルは被害の補償をしない可能性が高いです!
  • 今回の事件で仮想通貨市場の影響や被害額は3兆円と言われています。

仮想通貨はセキュリティが万全にならない限り発展してこないと思いますが、安心して使えるようになったら、爆発的に価値が上がりそうですね🎵

では、最後まで御視聴くださいまして、ありがとうございましたm(_ _)m