コインチェックの取引再開はいつ?今後の仮想通貨の保管方法を調査!

どうも、のりです!

最近、毎日コインチェックのニュースが流れますねぇ~

ちょっとだけ仮想通貨を保持しているので、話題に上がるのは嬉しいですが、

いい意味でニュースになってもらわないと、NEM(ネム)持ってるんだよ♪

言えないじゃないかーーい!

たぶん、持っていると言うと『大丈夫?』『俺はそんなのやってなくて良かった~』とか

言われてしまうのが嫌ですよ。昨年からやっているメンバーはまだまだ、全員儲かっているはずなのに

それすら説明する気が失せるわ!って感じです。

だから、仲間内には、やってないことにしています(笑

さて、それでも、コインチェックに仮想通貨を持っている身としては、

今後の取引が気になりますので、調べてみた!

コインチェックの取引再開はいつ?

コインチェックは、2018年1月29日現在も取引を停止したままです。

2月の上旬には取引再開の見通しが発表されるそうです!

日本円にすることも、他の取引所に移すことも出来ず、ただ呆然とするしかないですね^^;

ニュースでは、盗んだ相手(国?、人?)は分かっている、現金化されていないとか、

色々言ってましたが、盗まれたネムを日本円で返金するって決めたなら、

次は、今仮想通貨を持っているユーザーである『俺たち』の資産を動かせるようにしろって感じです!

いつ頃再開するのか、過去の他の取引所で不正アクセスがあった事例を調べてみた!

過去の不正アクセスがあった取引所は?

2017年で大きなものだけピックアップしてみました。

全てにおいて現物がないある意味コンピュータのデータを盗むだけなので、

莫大な金額であっても、1円であっても、やることは同じということが怖いです。

事件その1 イギリスの仮想通貨ウォレットのParity社

2017年7月に15万イーサリアムを盗まれました。

ハッキングされた3つのアドレスはわかったものの、現金化されてしまった。

被害総額(2018年12月の時点で112億円)

米ドルペッグ制仮想通貨Tether

2017年11月下旬に約3100万ドル分のトークンが不正なアドレスに送金されました。

盗まれたトークンをブラックリスト化しているそうですが、未解決のまま。

仮想通貨マイニング事業NiceHash

2017年12月初旬に4700ビットコイン(88億円相当)が盗まれました。

これまた、従業員のパソコンがハッキングされたことによるものです。

ちょっと、調べてみたら、2017年後半から、めちゃくちゃハッカーに狙われていますね^^;

基本的にハッカーの攻撃を回避する方法はない!イタチごっことおもっているので、

仮想通貨は、国で信託保全してくれないとヤバイと思いました。

こうした情報をみればみるほど、原因究明は無理!

なので、いつ頃コインチェックが次の行動に移すのかが取引再開のポイントです。

社長が若いので決断と行動が早いと予測すると2月上旬から順次取引出来る通貨が増えてくると予想します!

業務改善命令とは?

金融庁からセキュリティがあまいと言うことで、本日業務改善命令が出ました。

仮想通貨取引所大手「コインチェック」から580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が不正流出した問題で、金融庁は29日、流出を防ぐための安全管理体制が不十分だったとして、同社に対し資金決済法に基づく業務改善命令を出した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000032-mai-bus_all

業務停止命令じゃなくてよかったー!!

業務が停止したら年単位で取引再開出来ない可能性もあったからね!

でも、色々調査や改善指導を乗り越えないと業務再開は出来ないかも・・・・

いい加減にしてほしい・・・。

もし、取引が再開されたら、次は、もっと安全な所にしようと思います!

今後の仮想通貨の保管方法を調査!

まず、どうやって自分の資産を守るのかを調べてみました。

色々方法はあるみたいなので、コインチェックの取引が再開されるまでに、

色々やっておかないといけないですね。

その1 他の取引所に移す

コインチェック以外にも日本には仮想通貨を取り扱っている取引所があります。

POINT

  • ビットフライヤー
  • ビットバンク
  • ザイフ
  • ビットポイント
  • QUOINEX(コインエクスチェンジ)

こちらのセキュリティー情報を確認して口座開設したら良いと思います。

ただし、皆さん考える事は同じなので、現在口座開設が完了していない場合、

新規開設には相当時間がかかりますよ。

私はまだ、ザイフの口座開設が完了していません・・・。(12月中旬に申込んだのに)

ウォレットに移す

これが、一番安全のような気がしますが、やり方が難しいです。

簡単に調べてみた。

ウォレットには3種類あります。

POINT

  • デスクトップウォレット
  • ウェブウォレット
  • ハードウォレット

デスクトップウォレットとは、自分のPCにソフトをインストールして管理するタイプ。

自分でコインを管理するタイプなので、セキュリティー環境が整っている必要があります。

ウェブウォレットは、ネット上の管理スペースにコインを保管するタイプ。

インターネットバンキングみたいな感じですね♪

ハードウォレットは、専用端末(USBやSDも含む)など物理的に持ち運び出来るものに

コインを入れて管理するタイプ。

これは、財布と同じで無くすと終わりです。

個人的には絶対無くさないように管理出来るのであれば、ネットにつながっていない状態で管理出来る

ハードウォレットをオススメします!

まとめ

・コインチェックの取引再開は2月以降になると予想。

しかし、原因解明が進まないと半年以上凍結の可能性も・・・

・自分の資産は自分で守るようにしましょう。

他の取引所もよくハッキングされているので、分散させるのがいいと思います。

藤崎マーケットさんのように全財産を1つのところに入れておくのはやめましょう♪

仮想通貨はまだまだ、先行き不透明ですが、知識が不十分な状態で手を出すと

痛い目に合います。なので、やるからには、余裕資金でやる!

また、みんながいいと思って、投資するものは、もう旬が過ぎています!

儲けるためには、それなりの工夫が必要!

簡単に稼げるのは一部の人間しか知らない時だけですよ!

最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございます!

また、新しい情報がありましたら、すぐにブログを更新しますね♪